FXが円高の時勢も影響してか人気のようです。初心者でもわかりやすく運用が出来るお薦めの証券会社などを紹介するサイトです。

アメリカドル円その2

FX用語として立派に通用するアメリカドル円は、2007年~2008年3月までは、ずっと右肩下がりだったんだって。

アメリカ経済の回復は、世界中の注目を浴びてて、不調が何度もニュースで報じられたり、次の大統領候補達の対決の話題も、アメリカ経済問題が中心だったみたい。

4月以降のアメリカドル円は、上昇トレンドに移行・・・

っていうか、下げ止まりしたんだって。

アメリカドル購入の動きが活発になったのは、平成のオイルショックって呼べちゃうような状況が原因だったのかもね。

だけど、一時110円まで上がったアメリカドルは、9月にはリーマンショックのせいで、一時期90円を割り込みそうなところまで下がっちゃったんだって!

リーマンショックって大打撃だね!

2008年末はずっと90円台だけど、また上がるのにはちょっと時間がかかるみたい。オバマ大統領誕生の期待感で、また上昇するかなぁ?