FXが円高の時勢も影響してか人気のようです。初心者でもわかりやすく運用が出来るお薦めの証券会社などを紹介するサイトです。

移動平均線

それぞれの通貨ペアのグラフを見れば、為替相場の動向が一番わかりやすいみたい。
各通過ペア同士、グラフを比べて、それぞれの連動性とかをちゃんと分析すれば、立体的に予想できるんだって。

しかも世界情勢にも関心がもてて、なおいいかもしれないって。

為替相場のグラフをちゃんと見るには、たくさん含まれてるFX用語の意味がわかってないと、ダメらしいよ。
中でも、移動平均線っていうのが、一番よく聞くFX用語みたい。
為替相場の一定期間の変動の平均値を、つなげた線なんだって。

例をあげると、当日+それまでの4日間=合計5日間の平均を取って、平均値をずっと
つなげると、5日間移動平均線になるんだって。

当日だけの平均値をとった線と違って複雑にならなくて、数日間の平均値をとった線は、ゆるやかな上下動で市場全体の傾向がわかりやすいから、移動平均線って意味があるんだって。
移動平均線って、チャートを見るとき視覚でわかりやすいから、たくさんの人が参考にしてるらしいよ。
初心者は移動平均線をまず見るのがいいんだって。

移動平均線は、チャートの基本の1つらしいしね。
不景気のときは、そこそこゆるやかにした方が、為替間の値動きの上下が激しいから、全体が見えやすいみたいだよ。