FXが円高の時勢も影響してか人気のようです。初心者でもわかりやすく運用が出来るお薦めの証券会社などを紹介するサイトです。

「リーマンショック」その1

FXに関係があるいろいろな専門用語のことをFX用語っていうけど、2008年に、これから新しく根付きそうなFX用語が生まれたみたい。

何だかわかる?

答えは「リーマンショック」だって。

2008年9月15日に、アメリカで規模が2番目に大きい証券会社の「リーマン・ブラザーズ」が、事実上破たんして、アメリカどころか、世界中の経済が大混乱しちゃったのが、リーマンショックだよね。

リーマンショックのせいで、世界の国々の株式市場や為替市場が、大きなダメージを受けたんだって。

だけどどうして、破たんしたのはアメリカの証券会社なのに、日本とか世界の国々が大ダメージを受けたんだろう、って思わない?大きく関わってるのは、サブプライムローンなんだって。

低所得者向けにアメリカが実施したローンがサブプライムローンなんだけど、住宅価格の上昇が止まっちゃったりして問題になって、アメリカの経済をおかしくした原因の1つになったみたいだよ。