FXが円高の時勢も影響してか人気のようです。初心者でもわかりやすく運用が出来るお薦めの証券会社などを紹介するサイトです。

「2WAYプライス」その1

ニュースとかで「1ドル=92円50銭~55銭」っていう表記が出てたら、どういうふうに読み取る?

買値と売値の差額がスプレッドなんだ、って、わかってて見るのと見ないのじゃ、違う見方になっちゃうみたいだよ。

スプレッドっていうのを知らないで見たら、「どうしてこんなに差があるんだろう?」って思っちゃうかもしれないって。

本当のところは、50銭~55銭の間ぐらい、っていうことじゃなくて、ドルを買うときは1ドル=92円55銭、ドルを売るときは92円50銭=1ドル、っていう意味なんだって。

FX用語で「1ドル=92円50銭~55銭」みたいな表記を「2WAYプライス」っていって、普通は2WAYプライスで為替市場の表記もされてるみたいだよ。

2WAYプライスは左右で別々のFX用語の呼び名があって、92円50銭って書いてある左側が、買値のことで「ビットレート」、右側の92円55銭の方が、売値で「アスクレート」っていうんだって。