FXが円高の時勢も影響してか人気のようです。初心者でもわかりやすく運用が出来るお薦めの証券会社などを紹介するサイトです。

「通貨ペア」その2

大きい経済負担とか、悪いニュースがある国の通貨は価値が大幅に落ちて、反対に経済的に豊かで、発展途上、高度成長が見られる国の通貨は価値が大幅に上がっていくらしいけど、アメリカドルだけは例外なんだって。

アメリカの場合は、全部の国の通貨の価値に影響を及ぼすから、全部の国の通貨が、アメリカドルの価値下落と連動しちゃうことが多いんだって。

そういえば、わかりやすい例があったよね。

・・・そう、リーマンショック。

2008年9月前後に起きたリーマンショックのせいで、アメリカドルが大幅に下落したけど、アメリカドルとは関係ない通貨ペアでも、大幅にレートが下がっちゃったんだって。

影響力が大きかったっていうことだね。

アメリカドルの例外以外は、基本国の経済の好調不調に、通貨は大きく影響するんだって。

また、金利差でスワップをもらうこともできるし、どの通貨ペアがいいのか、いろんな面から考えなきゃいけないらしいよ。

ちなみに、アメリカドル円とかの主な通貨ペアはFX用語なんだって。

FX用語を調べれば、主なペアを知ることができるっていう訳だね。