FXが円高の時勢も影響してか人気のようです。初心者でもわかりやすく運用が出来るお薦めの証券会社などを紹介するサイトです。

気配値

FXの為替取引って、普通は1対1のトレードでやるんじゃなくて、不特定多数の人達が出してる注文の中で、一番高値で買おうとしてる人と、1番安値で売ろうとしてる人ととの接点が、為替相場の価格になるんだって。

もちろん、注文は必ず両者の接点だけが出される訳じゃなくて、たとえば、相場が1ドル=95円でも、買い注文を、1ドル=94円50銭で買うつもりで出す人もいれば、売り注文を、1ドル=95円50銭で売るつもりで出す人もいるらしいよ。

注文の数を、投資家達は、気配値として見ることになるんだって。

気配値っていうのはFX用語だけど、株用語にもあるみたい。
聞いたことあるかな?

これからの為替の値動きがどう変わっていくかっていう気配を表した値だから、気配値っていうんだって。

そのまんまだね^^; 仮に、今1ドル=95円でも、95円で売ろうとしてる人より、95円以下で買うつもりの人がかなり多いとき、市場的には95円以下の価値をドルに求めてる人がたくさんいるから、その為替の値は下がるんだって。

反対に、95円で売ろうとしてる人より、95円で買うつもりの人が多いときは、95円でこんなに売れるんなら、もっと上の値で売れそうって考えられて、為替の価格は上がるんだって。

全部気配値で決まるっていってもいいかもね。