FXが円高の時勢も影響してか人気のようです。初心者でもわかりやすく運用が出来るお薦めの証券会社などを紹介するサイトです。

「戻り」と「押し目」その1

不景気なときのFXの動きって、そんなには読みにくくないんだって。
ま、やっぱり細かく上下の動きはあるみたいだけどね、ちっちゃい単位で見ていくと。
例をあげれば、リーマンショックのときも同じみたい。
各通貨ペアの為替チャートを見るとわかるみたいだけど、2008年9月~12月にかけてリーマンショックがあったとき、大多数の為替は大幅下落したんだって。
あくまでも数ヶ月単位での話で、どっか1日間だけ見れば上昇してるっていうのも、結構あるにはあるみたいなんだけどね。
だけど、1日だけ見て上がってる上昇みたいなのは、ちょっとの間だけの上昇で、すぐにまた下降トレンドに戻っちゃうんだって。
FX用語で、下降トレンドのときの、ちょっとの間だけの上昇のことを「戻り」、反対に、上昇トレンドのときの、ちょっとの間だけの下降の場合は「押し目」っていうんだって。