FXが円高の時勢も影響してか人気のようです。初心者でもわかりやすく運用が出来るお薦めの証券会社などを紹介するサイトです。

OCO注文

いろいろな注文があるFX用語の中に、OCO注文っていうのがあるらしいんだけど、OCOっていうのは「One Cancels The Order」の略なんだとか。

キャンセルと注文っていう意味が含まれてるよね。

指値注文を2つ出して、どっちかの条件で約定したときは、自動的にもう片方がキャンセルされるっていう注文方法が、OCO注文なんだって。

たとえば今1ドル=92円50銭の為替相場だとして、今10万ドル持ってるけど、持ってる10万ドルは先日92円80銭で買ったやつだとしたら、今は30銭×10万円で3万円の含み損っていうことだよね。

仮に5万円以上の損はイヤだって思ってたとしたら、92円30銭がロスカットラインで、ここに売り注文を出しておけば、取引は最低92円30銭でできるっていうことになるね。

だけど、たとえばもし、1回93円まで上がって、また下がって92円30銭まで落ちた場合、そのとき会社に行ってて対処できなかった、な~んてことがあったりしたら、せっかくの儲かる機会を逃して5万円の損!

なんてことも・・・。

で、OCO注文がいいみたい。

同時に、ロスカットライン92円30銭の売り注文と、93円の売り注文を出せて、どっちかが約定したらもう片方はキャンセルされるから。

もし1回93円に上がってまた下がったとしても、93円で約定されて、損切りと利食いをいっぺんにできて、年中市場を見てられない人にはすごく便利な方法なんだって。