FXが円高の時勢も影響してか人気のようです。初心者でもわかりやすく運用が出来るお薦めの証券会社などを紹介するサイトです。

IFO注文

いろいろな注文があるFX用語の中に、IFO注文っていうのがあって、特に使い勝手が難しい種類みたいなんだけど、使いこなせると強い武器になるんだって。

IFO注文は、「If Done One Cancels The Order」の略で、「IFD注文」と「OCO注文」っていうFX用語を足したものなんだって。

主に、買い注文で使うのがIFD注文、売り注文で使うのがOCO注文だから、合わせてもOKってことかぁ。

たとえば今の為替市場が1ドル=98円で、今の市場の動きを見て1ドル=97円50銭~98円20銭の範囲で値動きしてるなぁ、って分析したとするよね。

IFD注文で97円60銭を買い注文、98円10銭で売り注文を出すとすれば、儲かる可能性が高くなる、っていうことだけど、思いどおりになるとも限らなくて、そのあといきなり円高が進んで1ドルが97円ぐらいまで進んじゃうかもしれないから、大損するかもしれないし、だからって、ロスカットの売り注文を出して、儲けるチャンスを無くすことだって、ありうるらしいんだよね。

IFDだと1つしか売り注文を出せないけど、2つ出せるIFO注文は、だから有効なんだって。

この例だと、1ドル=97円60銭で買い注文を出して成立したら、98円10銭か97円20銭で売るっていう感じの注文になるみたい。
損切りも利食いもできるんだって。