FXが円高の時勢も影響してか人気のようです。初心者でもわかりやすく運用が出来るお薦めの証券会社などを紹介するサイトです。

IFD注文

FX用語にはいろいろ注文名があるけど、注文方法が多ければ戦略も広がって、不況でも運用しやすいっていえるみたい。

使いこなせなきゃ混乱するかもしれないけど、いつもリスクを減らすことを考えながら注文するのが大事なんだって。

FX用語の1つ「IFD注文」は、「If Done」の略で、Ifの「もしも?なら」っていう意味のとおり、まず指値注文を出して、もし約定したらその次の注文が発動する方法なんだって。

仮に、相場が1ドル=92円50銭のとき、1,000ドルで92,200円で買うつもりだと、92円20銭に1,000ドル分の買い注文を出すけど、指値注文を普通に出してたら、実際に92円20銭になったときに自動的に買えるものの、それまでなんだって。

だけど、92円20銭になったら1,000ドル分買って、そのあと92円80銭に上がったら、1,000ドル売るっていう注文が、IFD注文だとできるんだって。

だから、実際にドルで92,200円を買ったあと、もっとレートが動いて92円80銭になったら、ドルが自動的に売られて、92,800円が手に入るっていう訳。

1つの注文で一連の売買の流れをまとめてできるんだね。

日中は仕事で注文できないっていう人に、オススメの方法なんだって。